工作機械

スイス・エスコマチック

スイスエスコマチック自動旋盤の特徴

本機は従来の棒材から製品を切削する、いわゆる自動旋盤とは根本的に異なり、材料としてコイルのままの線材を使用する方法です。したがって材料は回転せず、刃物が材料のまわりを回転し、切削加工を行うことが大きな特徴です。

  1. コイル材を使用するため、一般の伸線材に比べて材料費が安く、また切削による棒材末端の無駄がないため、材料の大幅なコストダウンになります。
  2. 製品は両チャックで加えたまま切り落とすので、製品に『だぼ』が残りません。
  3. 切削加工後、製品と切屑は完全に分離されます。
  4. 丸棒以外の異型なコイル材も自由に加工が可能です。
  5. 同一製品の多量生産に最適であることはもちろん、多種少量生産の場合でも、短期間で切替が可能です。
  6. 一人の作業者で十数台の本機をコントロールすることが可能です。(無人運転も可)
  7. 運転中の騒音が少なく、所要面積が小さくても設置が可能です。
本機には自動伸線機が組み込んであり、コイル材は自動的に曲がりを矯正されてから切削されます。

前述の特徴より、本機は全く新しいタイプの自動旋盤機であり、材料をコイルのまま本機にかければ、後はあたかもトランスファーマシンのごとく、製品だけが所定の場所に集められ、製造中はもちろん切削後の処理も全く不要です。しかも精度が高く、材料費および工数を大幅に削減できる文字通りの『自動旋盤』です。

  • escomatic-D2

    escomatic D2 タイプ

  • escomatic-D5

    escomatic D5 タイプ

  • escomatic D6S タイプ

    escomatic D6S タイプ

  • escomatic-D6SR

    escomatic D6SR タイプ

エスコマチック機部品の紹介

  • D2タイプ ツールヘッド

    D2タイプ ツールヘッド

  • D2タイプ ツールヘッドパーツ

    D2タイプ ツールヘッドパーツ

  • D2タイプ カウンターコレット

    D2タイプ カウンターコレット

  • D2タイプ カム

    D2タイプ カム

  • D6タイプ バイトD6タイプ バイト

    D6タイプ バイト